アンガーマネジメント

Share on Facebook
Share on LinkedIn

アンガーマネジメント   

 

70年代に米国で発祥した “怒りの感情に上手に付き合う”ためのメンタルトレーニング理論。

元来はDVの加害者や人種差別から暴力的行為を繰り返してしまうマイノリティ向けの矯正プログラムでしたが、時代の変遷と共にプロスポーツ界やビジネス界の新人教育、研修やカウンセリング科目、小・中学生の学校教育などに応用されています。

 

男子プロテニス、ロジャー・フェデラー選手がアンガーマネジメントをトレーニングに取り入れ、2004年に世界ランキング1位を獲得するなど、プロスポーツ選手、経営者、会社員、教師、政治家、弁護士や医師など様々な人たちが習得し仕事に生かしているトレーニング理論です。

 

元のページに戻る

shutterstock_am1

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加